2009年04月23日

【勉強マインド】受験直前の生活

私の住んでいる神奈川県では、公立高校の入試まで
残り1ヶ月を切りました。
(正確に言うとその前に、面接や実技が中心の前期試験
というものが今月末頃にありますが)

地域によって違いはありますが、似たような状況の受験生も多いと
思われますので、今回は「受験直前の生活」という
堅っ苦しいテーマで書こうと思います。

まあ、当たり前のことしか書きませんが、
この時期は「当たり前のこと」こそが重要になるので、
馬鹿にせず、読んでくださいね。

自分だけは大丈夫、みたいな過信は禁物ですよ。


■こころとからだ

この時期、一番気をつけるべきは、
「こころとからだ」
です。

こんな言い方、なんか偽善チックで、好みではないんですが、
かと言って、「精神的な安定と肉体的な健康」
とか言うのも堅苦しすぎるでしょ?

まあ、いいんですよ、言い回しは(笑)

マジで気をつけてください。


まずは「こころ」。

精神的に揺れが激しい時期だと思います。

今日は自信過剰なくらい自信満々。
と思っていたら次の日は、どん底の精神状態。

もう、ほんと、いろんなこと考えちゃうと思います。

で、ぜひやってほしいのは、
そういう、いろんな思いをぶちまけられる場を用意しておくことです。
     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
なんでも気楽に話せる友人がいるなら、その友人にぶちまける、
でもいいですし、
親や兄弟など、家族に話を聞いてくれる人がいるなら、それでもいいです。

「友人にも家族にもぶちまけたくない」という人は、
ブログやSNS(mixiなど)で不特定多数の人に向かって発信するのも
いいです。

誰にも発信したくない人は、秘密のノートを作って、
そこに思いのたけをガンガン書きまくってください。
文字だけでなく、絵だってなんだって好きなように書きまくってください。

大事なのは、「吐き出す」ことです。

吐き出してみると、そうとう深い悩みに思えてたことも
随分軽く受け止めることが出来るものです。

不安や悩みを言葉や絵などにすることによって、
客観的に受け止めることが出来るわけです。

話はあえて脱線しますが、優秀なカウンセラーがやっているのは、
クライアント(相談者)に対して意見を差し挟まず、ひたすら受け止める、
ということだそうです。

そうすることで、クライアント(相談者)自身が自分の中から
解決策を見つけ出す、そのための手助けをする、
というのが基本スタンスなのだそうです。

であれば、本格的にカウンセリングを受けなくても、
ひたすら受け止めてくれる存在があれば、
不安や悩みは軽減できるはずですよね。

あ、そうそう。
このメールに返信して、私に向かってぶちまけてくれてもいいですよ。

      
続いて「からだ」のほう、行きましょうか。

インフルエンザ、こちらの地域でもけっこう流行っています。

予防注射を絶対に受けろ、とは言いませんが
(副作用など、いろいろ問題もあるようなので)、
気をつけるに越したことはありません。

インフルエンザまでいかなくても、普通の風邪も要注意です。

今さら私が言うほどでもないようなくらい、よく言われていることですが、
外から帰ったら、手洗い・うがいを必ずしましょうね。

最近では、風邪をひいてからでなく、
予防のためにマスクをしている人もいます。

特に、風邪をひきやすい人は、念のためやっておいてはどうでしょう?


あとは、これも学校の先生的なありがちアドバイスですが、
規則的な生活を心がけましょうね。

もうこの時期は、いくらそっちのほうがはかどるからと言っても、
夜型生活はやめたほうがいいですよ。

人間の脳は、目が覚めてから3時間くらいたたないと十分に働き始めないと
言われています。

受験は午前中から始まりますよね?
その時に一番頭が働く状態に持っていかなければいけないわけですから、
遅くとも3時間前に起きる癖をつけといたほうがいいです。



■勉強内容

この時期の勉強内容は、次のように戦略的な方法をとるべきです。


・得意科目

過去問などの総合問題を中心にやる。
時間を計り、得点もつける。
1点でも多くとれるよう、全力で問題に取り組む練習をする。


・苦手科目

同じ科目の中でも、もう少し勉強すればなんとかなりそうな分野に
力を入れる。(特に、覚えさえすれば得点につながる、という分野)

過去問をよく調べ、出る可能性が高い分野を優先的に勉強する。


出そうな問題を予想する、というのも悪くありません。

私は高校受験のときも大学受験の時も、
「今年はどんな問題が出るか?」というのをかなり細かく分析して
勉強しました。

ちょっとした予想屋的なゲーム感覚があり、
けっこう楽しかったのを覚えています。

もちろん、ぴったり当たるなんてことはありませんし、
そんなことは期待しないほうがいいのですが、
少なくとも、勉強すべき分野の優先順位はつけられます。

残り少ない時間を有効に使うのには、優先順位は大事ですからね。

ただし、気をつけてほしいのは、どんなに自信があっても、
自分が予想した問題以外出ない、とは絶対に思い込まないことです。

でないと、本番で予想外の問題に出くわしたとき、
大パニックになる可能性があります。


私の塾の中3生にも先日言ったばかりでですが、
この時期には、点取り虫になることを躊躇してはいけません。

実際、1点差で合否が分かれることは、よくあることなのですから。

「いかにして、1点でも多くとるか」という精神で過ごしてください。

出来れば、後悔のない毎日を過ごしたいですね。
posted by ムーチョ・ササキ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。