2009年04月14日

【親向け講座】かける?わる?

今、私の横で、小6の娘が冬休みの算数の宿題を、
うんうんうなりながらやっております、

単位換算の問題に苦しんでおります。

この手の問題で、お子さんに次のような質問をされたら、
どう答えてますか?

「時間を分に直すときって、60かけるんだけ?わるんだっけ?」

まあ、もちろん、
「かけるんだよ」と言うんでしょうが、
これで終わらすのは、実にもったいない。

どうせなら、次のように教えてあげてください。

「小さい単位に直すときは、かけるんだよ。
なぜかと言うと、単位が小さくなったら、数字は大きくしないと、
同じ大きさを表せないでしょ?」

このことを理解させてあげられれば、応用がきくと思いませんか?

まず、これと逆の場合、すなわち、
「大きい単位に直すときは、わる」ということがわかりますし、

さらに、時間と分に限らず、メートルとキロメートル、グラムとキログラム、

リットルとミリリットルなど、他の単位の問題でも応用可能になります。

今回の例に限らず、
ただ丸暗記させるより、このように「理由付きで」言ってあげることを
心がけてみてください。

なーんて言っても、ちょっと難しいですかね?

困った場合はメールをください。
私のわかる範囲でお答えしますので、お気軽にご相談ください。
posted by ムーチョ・ササキ at 21:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。