2009年04月20日

【大人の勉強法】ムーチョ流システム手帳活用術(3)

自己満足のムーチョ流・手帳術公開、ようやく今回で終わりです。

ただし、今回はシステム手帳だけでなく、
綴じ手帳愛用の方にも役立つノウハウですよ。
マジで。


大事な大事な手帳、これをどこかに落としたり、
置いてきたりしてしまった時のこと、考えてますか?

私は、いざという時に備えて、
手帳の1ページ目に次のような文を載せています。


   〜〜〜ここから〜〜〜

この手帳を拾ってくださった貴方様へ・・・

この手帳は、第三者の方にはほとんど価値のないものですが、
持ち主にとってはとても大切な手帳です。
どうか、下記のいずれかの連絡先にアクセスしてくださるよう、
お願いします。(お礼もさせてください)

   〜〜〜ここまで〜〜〜
  

この文のあとには、電話番号、FAX]番号、Eメール、
住所などの連絡先が書かれています。

さりげなく、(お礼もさせてください)と書いてあるのがミソです。

これはポイント高いですよ。

これがないと、連絡してもらえる可能性はぐっと減ると思います。

だって、面倒臭いですよね、わざわざ見ず知らずの他人のために動くのは。

でも、「お礼?」とか思えばちょっとは心が動きますよね。

かと言って、あんまり堂々と「その際はぜひ、お礼をさせてくだいっ!」
な−んて書いたら、「そんなん目当てじゃないけど」と、
逆に心あるかたの気分を害することにもなりかねないので、
さりげなーく括弧つきで書いたわけです。

意外に計算されてるでしょ。

実際、まだ落としたことはないので、効果のほどは定かではありませんが、
「手帳・命」の方には超おすすめです。

ある、手帳関係の本に書いてあった方法なんですが、
今その本が見つからず、タイトルも忘れてしまったので、紹介できません。
ごめんなさい。

もし万が一ご存知の方がいらしたら、ぜひご一報を!



◆編集後記◆

まぐまぐ大賞に清き一票を入れてくださった方、ありがとうございます。

大賞は逃しましたが、私としてはノミネートされたという事実だけで
大満足です。

でも、せっかく一票を入れてくださった方のためにも、
来年こそは・・・
と、ちょっとだけ気合いを入れつつ頑張ります。

励みになっていいですね、こういう制度は(笑)
posted by ムーチョ・ササキ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。