2009年04月14日

【面白勉強法】数学がチョー苦手な人の勉強法

数学がチョー苦手な人は、ズバリ、教科書の例題をマスターすることに
全力を傾けましょう。


本気で苦手を克服したいのであれば、
「例題ノート」というものを作ってください。


例によって、作り方はチョー簡単。

ノートを見開き2ページで使います。

教科書の例題が載っているページを開きます。

ノートの左ページに問題を写します。

ノートの右ページに解き方と解答を写します。

もちろん、途中式を省略してはいけません。

はい、出来上がり!


出来上がったら、すぐに右ページを隠して、
別の紙かノートにもう一度、例題の解き方を書いてみます。

で、例題ノートを見て、答えあわせをします。

合ってたら、問題の横に印を付けます。

間違っているところがあったら、赤で直します。

そして、今自分が間違えた箇所を、例題ノートの解き方のページから
見つけ出し、マーカーや赤ペンで線を引いておきます。

「次からは間違えないぞ」と思いながら。


これらの作業が一通り終わったら、
教科書の例題のあとにある問題を解いてみましょう。

もちろん、今やった例題のやり方と同じようにやってください。

簡単だからと言って、答えだけ書くのは駄目。

ちょっと面倒でも、例題のやり方に従ってください。

自分勝手なやり方をしてはいけません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

自分勝手なやり方は、数学が得意になってから、いくらでもやってください。

数学が苦手なうちは、素直に、教科書のやり方に従いましょう。


実際、数学の問題というものは、いろんな解き方ができるわけで、
そういう意味では自由なわけです。

でも、それでうまくいってないのでしょう?

うまくいってないのであれば、こだわっても意味はないわけです。


数学に限らず、勉強が出来るようになるためには「素直さ」が必要です。

もちろん、「なんでも言うこと聞け」と言っているのではありません。
まずは、受け入れ、それから壊していくのです。

受け入れないうちは、壊しようもないのです。

以前、お話した「守・破・離」の法則です。

基本が出来ないうちから、それを壊すことは出来ません。


例題ノートを作って地道に何度も解きなおす。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まずは、とことんこれを繰り返してください。

苦手を克服したい人は、お試しあれ!
posted by ムーチョ・ササキ at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。