2008年10月24日

読書家とメモ魔

本を読むことは、素晴らしいことです。

読書家の方は、どんどんどんどん知識や情報を吸収していってください。


メモをとることは、素晴らしいことです。

メモ魔の方は、どんどんどんどんアイデアをメモしていってください。


そして、これは自戒をこめて(というかほとんど自分に向けて)
言うのですが、

読書家とメモ魔の陥りやすい罠

というものがあります。


それは、

読書とメモが目的化してしまう

ことです。


読書もメモも、本当は何かを実現するための手段ですよね?

でも、読書やメモをとることが楽しくなってそれだけにはまり、
いつの間にかそれが目的化してしまう、
ということになっていませんか?

というか、最近の私がそうなっているんですが(笑)


・せっせと読書して得たノウハウ

・せっせとメモして溜めたアイデア


これらを溜め込んで、自己満足に浸っている自分に
最近気づいてしまったのです。


「これ、まずいなあ」と思うわけです。


いつだか、ある塾の塾長が発行されているメルマガに、
「読書家の塾長は成功できない」
みたいなことが書いてあって、ドキッとした覚えがあります。

もちろん、「本を読むな」という意味ではなく、
「本を読んで満足して行動しない塾長はいかん」
というわけです。

いかんですねえ(笑)


どうしてこのようなことになってしまうか、わかりますか?

・・・・・

・・・・・

・・・・・

そのほうが、ラクだからです。

読書したり、メモをとり続けているほうが、
実際に行動するよりも、ラクだからです。

精神的にも、肉体的にも。


でも、こんなことを繰り返していても、
現状は変わらない!(自分に言ってます)

大人の勉強は、結果を出してナンボ。
勉強のための勉強では意味がないのです。(そうだぞ、オレ!)

・・・で、どうするか?


幸い私は、毎日の「やることリスト」に書いたことは、
きっちり出来るよう習慣化してきたので、
そのリストにメモしたアイデアを書き込めば、行動に移せると思います。

だから、そうしようと思います。

えーっと、まずは、
ど・れ・に・し・よ・う・か・な?


ま、「勝手にすれば?」という感じですね。


もしあなたが似たような状況に陥っているなら、
同じことをしてみてください。

「やることリストを書いてない人は、どうすればいいんだい?」
という疑問をお持ちの方には、
「今日から書くようになってください」ということになります。

私の場合は手帳に書いていますが、
メモ用紙や小型のノートでもいいと思います。

すでに読書家またはメモ魔であるような、向上心のある方なら、
「やることリスト」を習慣化することはさほど難しくはないと
思います。

やることを付箋に書いて机の上に貼り、
実行したらはがしていく、という方法をとっている人もいます。

機械的に実行するようなシステムを作ることさえできれば、
怖いもんなしです。


というわけで今回は、

読書とメモを目的化するな

読書とメモで得たものを行動に活かすシステムを作ろう!


というお話でした。


お試しあれ!



「参考になった」という人は、下のリンクをクリックしてくださいね。
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
ラベル:読書家 メモ魔
posted by ムーチョ・ササキ at 15:48| Comment(0) | 大人の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。