2008年10月16日

本との付き合い方<その1>


本は買ったその日に読もう!


この言葉は、中谷彰宏氏の「大人のスピード勉強法」
という本に出ていたのですが、
私自身の経験からも納得がいきます。

本を買うときの自分の心理を思い出してみてください。

その本に何かを期待していたはずです。


この本を読めば今まで知らなかった○○を知ることができる(かもしれない)

この本を読めば今までできなかった○○をすることができる(かもしれない)


というように。

そして、その気持ちは、買ったその日が一番強いのではないでしょうか?

だから、その日に読めば、
一番早く読めるし、内容の吸収もできる、というわけなのです。

日がたって、熱い気持ちが薄れたころに読むのと、能率はだいぶ違うはずです。


ただまあ、そうは言っても、
買ったその日に読む時間があるとも限らないですよね。

そういうときは、しょうがない。

いわゆる積ん読にならざるを得ないです。

私も結構、積ん読してます。

積ん読になるのはもったいないから買わない、という考えはやめましょう。

最近の出版業界はほんとに入れ替わりが激しく、
本によっては、あっという間に店頭から消えてしまいます。

「ちょっと気になるけど、今度買えばいいや」
なんて思ってると、二度とお目にかかれない、
なんてこともあるのです。

せめてタイトルや著者名などをメモっておけば、
ネットなどで探しようもありますが、それすら忘れてしまうと、
もうどうしようもありません。

だから、気になる本は、とりあえず買ってしまいましょう。

お金がもったいない、というのもわかりますが、
本との出会いは人との出会いと同じくらい貴重だったりします。


一冊の本で人生が変わる


ということは本当にあるのですから、
その出会いを自らシャットアウトするほうがよっぽどもったいない、
と私は思います。


図書館で借りる、というのもいいですが、
やっぱりお金を出したほうが真剣に読みますね。

経済状態がよっぽど逼迫しているなら話は別ですが、
社会人であれば自腹を切ったほうがいいと思います。

借りてる本だと書き込みも出来ないし、
ふと思い出したときにさっと読み返すことも出来ない。


まとめるとこんな感じ。

1.本は買ったその日にできるだけ読む

2.読めない場合でも、とりあえず買う。


冒頭で紹介した「大人のスピード勉強法」、
興味のある方はこちらからどうぞ
   ↓  ↓  ↓
大人のスピード勉強法 中谷 彰宏
価格:¥ 680(定価:¥ 680)
http://www.amazon.co.jp/dp/4478703302/ref=nosim/?tag=sasakyou-22
ラベル: 読書
posted by ムーチョ・ササキ at 14:39| Comment(0) | 大人の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。