2008年09月24日

英単語の覚え方あれこれ<その1>

あなたは英単語を覚えるの、好きですか?

私は好きじゃありませんでした。

英語という科目は、まあまあ好きで、
英文を音読したりするのはけっこう楽しいのですが、
そんな私にとっても、単語を覚えるというのは、
あまり楽しい作業ではありませんでした。

今回と次回は、私が今まで試したり、
塾の生徒に試してもらったりして
効果のあった方法をいくつか取り上げます。

「これさえやればばっちり」なあんていう、
決定的な方法はもちろんありませんが、
いろいろ試してみる価値はあると思いますよ。

それではまいりましょう!


■ローマ字は大丈夫?

ローマ字がわからない状態で単語を覚えるのは、
かなり難しいです。

覚えるのに人一倍時間がかかっている子によーく聞いてみると、
「ローマ字が全然わかっていない」という場合が案外あります。

もちろん、ローマ字と英語の発音は、けっこう違います。

でも、発音とスペルの関係がまるでわからない、例えば、
kが「カ行」、sが「サ行」、tが「タ行」…
ということすらわからない状態では、
1文字1文字を丸暗記することになってしまいます。

pen(ペン)という単語すら、p,e,nと一つ一つ暗記していくことになるわけで、
もっと長いスペルの単語は…「ああ、頭が爆発する〜!」
これではいずれ破綻が来るのは明らかです。

まずはローマ字を覚えましょう。


■自分でテストをする

耳にタコができてるとは思いますが、
やはり基本は反復練習ですね。

それも、ただやみくもに何回も書けばいい、というわけではなく、

覚えているかどうかの、

確認作業を繰り返す
~~~~~~~~~~~~~~~~~
というのが重要です。

覚える作業そのものより、むしろこちらのほうが大事なくらいです。

今練習したばかりの単語なら、だいたい覚えてますよね?

でも、時間がたつと忘れちゃう。

そこで、こまめに確認作業をするわけです。


単語でも漢字でも、暗記物はなんでもそうですが、
「覚えたつもり」
というのが一番いけません。

生徒さんの単語の練習のしかたを見ていると、
ただノートにいくつか単語を書いておしまいにしている人がいます。

これでは、覚えているかどうかまるでわかりません。


カードやノートに、
覚えるべき単語の意味(日本語)とスペル(英語)を書き出し、


1)スペルを見て、意味が言えるかどうか確かめる。

2)意味を見て、スペルが書けるかどうか確かめる。

ということです。



2)の場合は、ちゃんと紙に書いて確かめてくださいね。

「頭に思い浮かべるだけ」では、確認がいい加減になってしまいます。

要は、

「自分でテストをする」ということなのです。


ここで注意したのは、覚えていなかったり、間違えたからといって、

いちいちへこまない
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ということです。

「忘れるのが当たり前」という意識でいてください。

実際、1回や2回の暗記では、忘れるのが当たり前なんです。

逆に、時間がたっても覚えていた単語がいくつかあれば、

大いに自分を褒めてあげてください。

「おれって(あたしって)スゴイ!」と。

だから、カードやノートにチェックを入れるときは、
間違えた単語ではなく、覚えていた単語に入れるほうがいいですよ。

間違えたものにチェックをしていると、
確認を繰り返すたびにそれが増えて、イヤになっちゃうので。


忘れるたびに、いちいちへこんでいると、
だんだんモチベーションが下がり、
反復練習をしなくなってしまいます。

それが一番怖い。

まあ、単語の暗記に限りませんが、
結局、地味な練習をいかにモチベーションを下げずにやり続けられるか、
ということなんです。

で、「モチベーションを下げずに」やるために、

ちょっとでも面白いと思えるやりかたをいろいろ試してみる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ことをオススメします。


■間違えたときがチャンス

で、間違えたときは、むしろそれが暗記のきっかけになるので、
「ラッキー!」くらいに思ってください。

例えば、kitchen(キッチン:台所)という単語を覚えようとしている、
とします。

確認作業で、kichenと書いてしまった(tが抜けちゃったわけです)。

ここですかさず、「あ、間違えた。ラッキー!」と思って、
次に練習するときは、

抜かしてしまったtが目立つような工夫をするのです。

やりかたはいろいろありますよ。

・tを赤の○で囲んでもいいし、
・tだけ赤や他の色で書いてもいいし、
・tだけ他の文字より馬鹿でかく書いてもいい

これだけで、むしろ1回目のときより覚えやすくなったはずです。


■ローマ字読みor自分なりの読み方で覚える

これはみんなよくやっているので、ここでわざわざ紹介するほどのことも
ないとは思いますが、私が昔教えていた生徒で、
面白い覚え方がいくつかあったので、紹介しておきます。

クイズ形式でいきましょうか?
なんていう単語だと思います?


第1問 バ じゅーいち

第2問 オタハイラ


これ、宿題にするので考えといてくださーい(笑)
答えがわかったひとはメールをください。

正解者には、ムーチョからささやかなプレゼントを差し上げます。


「参考になった」という人は、下のリンクをクリックしてくださいね。
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
ラベル:英語 単語
posted by ムーチョ・ササキ at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。