2009年04月17日

【親向け講座】志望校に関する神話

受験を控えている学年は、そろそろ本格的に志望校が決定する時期と
なってきました。

そこで今回は、受験にまつわる「よくある誤解」についてお話します。

今回は、高校受験を例にとって説明しますが、
中学受験や大学受験にも通じるお話です。


A高校という、もう少し頑張れば合格しそうな高校があるとします。
最初はそのA高校が志望校だったとします。

でも、うかるかどうかわからないから、
ワンランク下のB高校に志望校を変えようか、
という話になります。

で、第一志望あきらめさせるとき、よく、親御さんや先生が
こんなことを言う場合があります。

「無理してギリギリでA高校に入って、ビリになるより、
 B高校で上のほうを目指したほうがいいんじゃないの?」と。

思わずうなずいてしまいそうな、説得力のあるお言葉ですが、
はっきり言って、このような言葉を鵜呑みにしてはいけません。

この言葉の中には、よく考えて見れば当然のことが、
見過ごされているのです。

なんだかわかりますか?

ちょっと考えてみてください。


・・・


・・・


・・・


どうです?

わかりました?


見過ごされている当然のこととは、

「高校に入ってから、学力は変わる」

ということです。

ギリギリで入った高校だから、ずーっとビリ、なんてことは滅多にないし、
逆に、余裕で入った高校だから、余裕で上位にいられる、
なんてこともないのです。

あったりまえの話なんですが、
入ってからの努力次第なんです。

実際、各高校のデータを見ても、
入学時と卒業時の成績の順位が同じなんてこと、まず、ないそうですよ。


あ。ただ誤解してほしくないのは、

「だから、無理をしてでも絶対にA高校をうけろ!」

と言っているわけではないので、念のため。


A高校をうけるかどうかは、

・受験生本人が残りの時間でどれだけ頑張れるのか

・いざとなれば、すべり止めの高校でもいいという覚悟があるのか

などの要素で決まってくると思うので、
別問題となります。


ただ、どうしても行きたい高校であれば、
志望校変更届けの時期までは、第1志望で粘ってみるべきだとは思いますが。

そして、その時期になり、どうしても厳しそうだ、ということになってから
ランクを下げても遅くはないと思います。

あまり早い時期にあきらめてしまうと、受験勉強のモチベーション自体が
下がってしまう危険があるので。


今回のことは、冒頭にも書きましたが、高校受験だけの話ではありません。


志望校に入ってからも、学力はどんどん変わる。
努力次第で、良くも悪くもなる。

忘れないでくださいね♪
posted by ムーチョ・ササキ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。