2008年11月27日

ケアレスミス対処法

ケアレスミスって、ありますよね?

英語で言えば、ピリオドやコンマなどの符号のつけ忘れや
大文字・小文字の間違い、
数学のプラス・マイナスのつけ間違い、単位の間違い、
社会の語句の漢字間違い・・・。

こういうのって、意外になくならないんですよね。

特にテストでのケアレスミスは、実際に得点が減ってしまうので、
痛いですよね。

痛いのはわかっているのに、なかなか減りません。

なぜだと思いますか?

原因を探って、突破口を見つけ出しましょう!


■ケアレスミスだと思うな!

ケアレスミスという言葉は、便利な言葉なんですね。

実際は、本当にケアレス、つまり単なる不注意のミスなのか、
それとも、わかっているつもりで、実はわかっていない、
という、本当の間違いなのかは、当人には区別しにくいものです。

でも、とりあえず、
「あーこれはケアレスミスだあ」
なーんて、自分に言い訳しておけば、つらくないでしょ?

だからけっこうみんな、「ケアレスミス」って言葉、好きなんだよなあ。

ですから、まずは、すべてのミスは

「ケアレスミスだと思うな!」

というのが私からの第一のアドバイスです。


はっきり言って、ケアレスミスだと思っている限り、
そのミスはなくなりません。

ケアレスミスって言ってれば、精神的には楽ですが、
そんな甘えを自分に許している限り、
改善は望めないと思ってください。


さらに追い討ちをかけるように厳しいことを言いますが、
真に学力があれば、そのようなミスも少なくなるものです。

なぜなら、そういう人は基本を確実に押さえていますから、

ミスがないかどうかを確認する余裕があるのです。


学力的に「いっぱいいっぱい」の人は、そんな余裕がないので、
ミスを見逃すのです。

ですから、「実力はあるのにケアレスミスで落とした」
なーんて話は、私はどうも信じられないのです。

まあ、体調が悪かった、とかの事情があればあり得るかもしれませんが、
たいていは言い訳に使われると思って間違いありません。


■間違いを覚える

人は、同じ過ちを繰り返します。

同じ過ちを繰り返す人は、自分が過去にどんな過ちを犯したか、
覚えていないものです。

ですから、同じようなタイプの男に何度も騙され・・・、
みたいなことがよく起こるのです。


ま、ちょっと話がそれましたが(笑)、
ケアレスミスを繰り返さないためには、

自分の間違えのパターンを覚える

というのが重要です。

「間違いを覚えたらまた間違えるじゃないか」
と思いました?

そんなことはありません。
「自分はよくこんな間違いをする」とちゃんとわかって覚えていれば、
そうしないように気をつけることが出来るのです。


そのために・・・。

教科書やワーク、問題集などをやったときに間違えた問題を集めた、
「間違いノート」を作るのがベストです。

以前もお話したので、詳しくは書きませんが、

ノートを見開きで使い、左ページに問題、右ページに自分の間違えと
正しい解き方、及び解答を書く、

というようなもでOKです。


「そんなマメな作業は苦手」という人は、
単に、一度やって間違えた問題を何度か解きなおす、
というのでも結構効果的です。


定期テストや模擬試験などは、特にやったほうがいいですね。

やったほうがいいのはわかっていても、
やる人は少ないんですよね〜。

なぜだかわかりますか?

自分の間違いを直視するのが怖いからです。


でも、ケアレスミスも含め、

出来なかったところが出来るようになるのが勉強

なんです。

これは、いろんな人が言ってますが、
真実なので言っているんです。

ミスを認め、ミスを克服していきましょう!



■見直しは有効か?

テストの時、よく先生は、
「終わったら、よく見直しをしておくように」
と言いますよね。

まあ、私も模擬試験の時、よく言いますが。
決まり文句みたいなものなので。


ただ実際、「見直しの効果って、どれだけあるのかなー」
ってちょっと疑ってます。

見直しによって自分のミスを発見するというのは、
かなりの集中力と、冷静な判断力、
さらには自分の答案を客観視する力が要求されます。


テスト問題を解き終わったあとって、「ちょっとひと息」みたいな心境に
なっているので、それが難しいのではないか、と思えるのです。

しかも、テストによっては見直す時間の余裕がない場合もあるでしょうから、
そういう場合はますますアウトです。


そこで、私がおすすめするのは、

「その場で見直す法」です。

例えば、

数学で、「よくプラス・マイナスを間違える」
ということがわかっているとします。

そしたら、問題を解くたびに
「これはプラスでいいか?」
「これは本当にマイナスか?」と、
いちいち確認する、という方法です。


確認したら、

・小さくガッツポーズをとる、とか、

・小さくうなずく、とか

・心の中で「よっしゃ」と言う、


というように自分の中で決めておくと、効果は倍増です。

ただし、先ほどの「間違いを覚える」が実践できていて、
初めて出来ることですので、それをお忘れなく。

でも、これならほとんど時間をかけずに出来るし、
ピンポイントなので、発見できる確率も高まりますよ。


そうそう。確率で思い出しましたが、
メルマガとかネット上で、「確率」のことを「確立」って打ち間違えてるの、
やったら多いですよねー。
むしろ「確立」のほうが多いくらい。

まあ、私だって漢字の打ち間違え、あとから発見して「あちゃー」って
思うこと多いですが、
あの「確立」の確率的な多さはいったいなんなんでしょう?

あと、さらに思い出してしまいましたが、
勉強法のことを「勉強方」って何度も書いてるサイトもやたらあります。

あまりに自信満々に書いてあるので、「こんな書き方もあるのかな?」と
思って調べてしまいました。

まあ、ネット上ではアクセスを増やすためにわざと間違いキーワードを
ばら撒く、というワザもあるらしいので、そういうものかもしれませんが。

でも、どっちにしたって、
「勉強方」って書いてあるサイトで勉強する気はしないよな〜。


以前、「成積を上げて欲しい」って、書いてたお母さんがいて、
「まずはお母さんが勉強しようか」って、思っちゃいました。

どこが違うか、わかります?

わかったら、メールください。

ミニ・クイズです。


話がだいぶそれましたので、
ここでもう一度、まとめときますよ〜。


ケアレスミスを防ぐには、

1.ケアレスミスではなく、実力だ!と思い、

2.自分の間違いを覚え、

3. 解いたその場で見直す。


お試しあれ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!



「参考になった」という人は、下のリンクをクリックしてくださいね。
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ



posted by ムーチョ・ササキ at 13:38| Comment(4) | 勉強マインド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

おすすめブログ

「記憶術 絶技!! 使えない記憶術を使える記憶術へ!」
 ↑  ↑  ↑
記憶力に自信のない方、必見です。

示唆に富んだ記事はもちろんですが、
毎回、動画もアップしてくれているので、思わず見いってしまいます。

テクニック的な話ばかりでなく、勉強に対する姿勢や心構えについても学ぶところが多いブログです。
ラベル:記憶術
posted by ムーチョ・ササキ at 16:05| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

3分間日記

古本屋で「3分間日記」という本を買いました。

100円だったので、軽い気持ちで買ったのですが、
意外に役立っています。

日記とは言っても、とてもシンプルな方法なので、
書き続けるのが苦手な人にもおすすめです。


書くことは基本的に次の5項目だけ。

1.目標
2.やりたいこと
3.今日の出来事
4.今日の感謝
5.成功法則・学びの言葉


1と2を朝に書き、
3〜5を夜に書く。

というのが「成功と幸せを呼ぶ3分間日記」だそうです。


これを私が毎日手帳に実践して、かれこれ1ヶ月が経ちます。

なかなか、いいですよ、これ。


まず、1の「目標」。

目標を達成できない原因の第1位は、
「目標を忘れること」と、かの実践マーケッター神田昌典氏も言っている
くらいですから、
「目標を毎日書く」というこの方法は、それだけで十分効果的なわけです。

目標は、そんなにしょっちゅう変わるものではないので、
基本的に、毎日、同じことを書くことになります。

でも、途中で目標が変わった場合は、変えたって構いません。


次に、2の「やりたいこと」。

これは、今日か、2、3日中にやりたいことを書くんだそうです。

この項目に関しては、私の場合は、この日記とは別に「やることリスト」を
作って実践しているので、あまり力を入れていません。
でも、「やることリスト」を書いていない人は、有効に使える項目だと
思います。


3の「今日の出来事」。

これがいわゆるふつーの日記の欄ですね。
小学生とかが宿題に出される「1行日記」みたいなものです。
ほんの1、2行で構わないというところがミソ。
「書くことがない」ってこともないでしょう。


4の「今日の感謝」。

個人的には、この項目が私のイチオシです。

毎日、誰か一人に感謝する。
そんなセンス、以前の私は持ち合わせていませんでした。

ですから、すぐに「感謝のネタ切れ」になるだろう、
と覚悟していたのですが、
不思議なものですねー、感謝すべき人っていっぱいいるんですよねー。

実践した1ヶ月中、重複した人は一人もいません。

名前を伏せつつ、ちょっとここに書き出してみましょうか。


・Aさん、問い合わせありがとう。

・Aくん、入塾ありがとう。

・Mちゃんのお母さん、質問ありがとう。

・Tさん、熱いメール、ありがとう。

・M自転車店、タダで虫ゴムつけてくれてありがとう。

・コムーチョ(私の息子)、面白いギャグ、ありがとう。

・図書館、ありがとう。


最後は「図書館」にまで感謝しています。

まあ、意味不明なものがほとんどだと思いますが、
解説しているとキリがないので、省略します。

実際にやってみるとわかりますが、
毎日誰かに感謝するって、なかなか素敵なことですよ。


こういう言い方は偽善チックで、好みではないのですが、

「ああ、自分はこんなに多くの感謝すべき人たちに囲まれて生きているのだなあ


なーんて、思っちゃったりするのです。


5.成功法則・学びの言葉

これは自分なりの「気づき」を書けばいいようです。

いわゆる「自己啓発本」や「成功本」に見られるような、
ありきたりの言葉ではなく、
自分の言葉で書く、というところが重要です。
1の「目標」とうまく連動させられれば、効果的だと思います。


今ちょっとアマゾンのレビューを見てみたんですが、
なかなか好評ですね。

成果が出てるのは、どうやら私だけではないようです。

もっと詳しく知りたい人は、買ってみてください。
 ↓  ↓  ↓
3分間日記―成功と幸せを呼ぶ小さな習慣 今村 暁


「3分間日記」、お試しあれ!


「参考になった」という人は、下のリンクをクリックしてくださいね。
 ↓  ↓  ↓
人気ブログランキングへ
ラベル:3分間日記
posted by ムーチョ・ササキ at 09:01| Comment(0) | 大人の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

無料レポート最新作です!

ムーチョ・ササキによる、
勉強法の無料レポート第3弾が出来ました。

「勉強のやり方がわからなーい」
という中・高生と、その親御さん、
お役に立ちまっせー!!

こちらの「無料レポートランキング」から登録してください。
  ↓  ↓  ↓
名前
メールアドレス


ラベル:無料レポート
posted by ムーチョ・ササキ at 22:06| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。